So-net無料ブログ作成

島根のウミネコはぁ~ [ブロガーの一損]

「だんだんにゃ~」と鳴くそう、特に日御碕の経島のウミネコは。そして、名古屋のウミネコは「みゃ~みゃ~」鳴くとか。
(全部ウソ)

BlogP-177.jpg

境港で見かけたネコたち、左茶トラのしっぽが凛々しい。

書き出しからウソを書くσ(・_・)、島根の方に行ってきたのだが、バスガイドの「だんだんにゃ」(意味:ありがとうね)が耳にこびり付いて離れません。
島根旅の主な目的は足立美術館の見学だったりするわけですが、ついでの目的として地酒を探すこと…5勺しか呑めないのにな。
#5勺しか呑めないからこそ、美味い酒が欲しいのだ。

それでは気を取り直して、1本目!

BlogP-168.jpg
BlogP-169.jpg

簸上正宗の「七冠馬一番人気

最初に泊まった宿の目の前に有った酒屋で購入…実のところ、その店が豊の秋特約店で種類が豊富だったのに、仲間内で「大吟醸」「生原酒」「花かんざし」を買われてしまい、他に買う物が無く「七冠馬」を…ホントは「豊の秋 純米ひやおろし」が欲しかったのだが、売り切れで~。

その後、豊の秋3本(全部4合)を宿で開けて4人で呑んだら全員倒れた(笑)。飲み過ぎには注意しましょう。その豊の秋3種盛り、大吟醸は如何にも高級な味わいで食中酒には勿体ない。生原酒はアルコール度数19~20%と半端なく高いのでロックが良いかも。呑みやすさでは花かんざしが一番でスッと入っていく感じ。
後で気がついたのだが、この酒、出雲空港で普通に買えます。

2日目に買った2本目のは…

BlogP-170.jpg

安来・広瀬酒造の「月山」(純米)。足立美術館でのお土産品として地元の酒って事で。ここもひやおろし系が無かった。

そして、何故か鳥取・境港で3本目!

BlogP-171.jpg
BlogP-172.jpg

千代むすびの「こなき純米 ひやおろし 無濾過原酒」。いやさこれだよこれ!こういう季節限定で水木しげるロードで買った、と言うステータスが欲しかったのよ。これも宿で開けていい加減に酔っ払いました、倒れなかったし。倒れたら「子泣き爺じゃ、夢見るぞ」(by 赤星昇一郎)ですなぁ。





出雲大社でブラ○○○、4本目!

BlogP-174.jpg
BlogP-173A.jpg

出雲の「天隠(てんおん)純米原酒ひやおろし」。大社のお参りし終え、出雲そばを食べると言うことでかねやで昼食後、近くをフラフラしていたら地酒の店・山崎酒店を発見!どれがイイかなと迷っていたら女将さんが試飲させてくれました。出雲富士も良かったけど、これ以上は手荷物で持って帰れないので、泣く泣く最初の印象だけでコチラになりました、500mlだし。お参りの後、地酒を探すならココがイイですよ、試飲サイコー!





番外編
宿で刺身を食べたら醤油が甘い、博多で食べた刺身醤油のようだった。もしかしたら日本海側は醤油に砂糖を入れるのか?と言う疑問を払拭させる為、機会があればスーパー(コンビニでは無い)に寄りたかった。
機会はお参りの後に訪れた!山崎酒店の向かいにラピタと言うスーパーがあり、そこで発見!

BlogP-175.jpg

出雲のメーカー・井ゲタ醤油の「ゴールド甘露醤油」。愛知県では刺身はたまり醤油が定番で再仕込みの甘露醤油とか存在しません。と言うか、コレ原料に”砂糖”の文字が…味が違う、ワサビと相性が悪いし刺身には合わないと判断。どちらかと言えば魚の煮付けとかに使えそうだ。
*さん曰く「アジフライにも合うよ~」

番外編・その2
酒繋がりで、何故かソフトクリーム。

BlogP-176.jpg

大人向け日本酒ソフト(アルコール度数0.9%)。味は米麹の甘酒に酒粕の甘酒を足して牛乳で割った感じ。さっぱりしててお散歩の休憩にはちょうど良い。有りそうで意外と見かけないよ。
秋になると日本酒が呑みたくなる、ビールとかハイボールは夏までに飲み飽きちゃうのかねぇ。とりあえず4本有れば、新酒のシーズンまで持つんじゃ無いかな?足りなかったら中津川で買いたそうかね。

さて、島根の旅・趣味篇は以上。
後は本ちゃんのレポートを書かないと…_| ̄|○


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。