So-net無料ブログ作成

ラダーゲッターってニュースポーツが有るんだが [ブロガーの一損]

これは使えるんじゃないか(何に?)と思って、ハーフセットを購入してみた。他のスポレク用具は意外と専用具が必要だったりする、ターゲット物とかラケット物とか…まぁ、パンポンは廃材で作れたりするけど。が、このラダーゲッターは一目見て「VP20じゃね?」とか思ったので、実際のサイズを測るのにハーフセットを購入した訳だ。八千六百円は高いか、安いか…。

届いたのを開封したら、予想通りゴールは水道用VP管の20mm。多少色がカラフルだったりするんだが、まぁ、材料そのものはホームセンターで買えちゃう代物だ。サイズは以下の通り。

VP20 L=550 5本
     L=290 10本
     T字ソケット 6個
     L字ソケット 6個

全部で二千円もしないはず、加工は安いパイプカッターでOK(うちは宅内下水道工事出来るので持ってるけど)。面倒ならその場で切って貰うのもあり。



さて、投げ物の方だけど、これはウレタンボールに穴を開けて紐を通して作って有る。全長は50cm程度で意外と跳ねるのよね、これが。で、見つけたのがコレ↓
BlogP-158.jpg

スーパーボールのクネクネって奴(40mm玉、25個で千五百円くらい)に紐をくくりつけて作りましたよ。

本来品(ウレタンボール42mm)より玉の重量が軽いので細めの紐(3mmくらい)に変更。逆にこの玉ならガラスに力一杯投げても割れないだろうし、なんと言っても穴空け加工しなくても良いと言う事。
試し投げを100回くらいしてみたけど、投げ物としては遜色ないし、跳ね方が均一でないのも偶然性が出て良いかも。多少ほどけやすいので、時々締め直す必要がありそう。

これで実際にラダーゲッターってスポーツをやる…訳ではなく、お祭りやイベントで当て物ゲームをする、その名もラダーゲッター・ビンゴ

3本投げて同じ段に3つか、縦3段に1つずつ掛ればビンゴで賞品を出すのだ。
本来のルールはめんどくさいけど、これならゲームとして分かりやすいし、回転率も上がるしね。射幸性を少し煽らないとやって貰えそうもないので賞品は出すべきかな、と。
それと、最初の一投目で外すとやる気を無くす可能性もあるので、この辺はもう少し研究の必要性があるかな。


第1回:ひとりで歩けるもん~ラグーナ蒲郡 [歩く]

始めたばかりの初心者の俺が、コースの批評とかをおこがましいかも知れないが、歩いた感想とか書いておこう。

・ラグーナ蒲郡 ノルディックウォーキングコース

なんでもJNFA公認だとか…、協会とか関係ないし。昔スキーをやってた時でも会社の先輩からボーゲンとパラレル教わって楽しんでたから、SAJとかFISとか全然関係なかったし。それと一緒だね。

それはそれとして地図と標識は必要。


BlogP-157.jpg

スタートは、大塚海水浴場のトイレ脇。海水浴場の駐車場は高い有料なので、フェスティバルマーケットの駐車場に留める方が良い(1時間20分を越えなければ無料)。まぁ、コース自体がフェスティバルマーケットの脇を通るので、そこから始めちゃっても問題は無い。
スタート地図看板の脇にストレッチ法の看板でもあれば、イイのにな(ちょっと広場になってるので)。
初級コースを歩いてみてのデータ(カロリスキャン調べ)

 歩数:4,800歩弱

 距離:約3.2km

 所要時間:45分ほど

アレ?地図より短いぞっと…あぁ、どうやら矢印の辺りでショートカットしてしまったらしい。確か標識がなく分かりにくかったせいだ(他人が悪い)。が、全体には平地でアスファルトだけでなく、礫舗装や砂浜(繁忙期を除く)・板張り(プラ混)・インターロッキングなど多彩なので踏み心地が変わって楽しい。

ただ礫舗装が劣化しつつあるので、なんだかグラベルを歩いてるようでストックが滑りやすい、石突きカバーを外した方が歩きやすいかも?

中級以上のコースだと、ラグーナの湯を経由するので坂はキツイけど、無料駐車場が使える利点がある。

まぁ、こんなところで今回は終了。


序章:ノルディック・ウォーク始めました [歩く]

ノルディック・ウォーク、それは杖をついて歩くこと、なんだが、イメージ的にはスキーのノルディック距離競技っぽい。

なんでこんなモノに興味が湧いたかといえば、去年足の骨折をして治りかけの頃、松葉杖が必要無くなったけど、杖が欲しいなと思い親父が使っていたカメラ用一脚兼杖を出してきたら、石突きカバーが壊れていたので、スポーツ用品屋へ。
石突きカバーはそうそうに見つかったが、当然それ以外の杖を見かける訳で…T字のトレッキング用ストック、買いました。T字の方が楽なんだよね、やっぱり。これは台湾旅行にも持って行って重宝した。

更に気になり出したのが、2本1セットで売ってる奴。レキとかシナノとか、結構お高いんですよ、これが。しかもトレッキング以外で使用する物だと…気になり出して調べると、ノルディック・ウォークとかポール・ウォークとか出てきた訳で。

普通のウォーキングよりも運動強度が高く、4本足で歩くと同じなので安定性がある。糖尿病患者の俺向きかな、と(仕事で運動強度を上げれば良いのだが)。

そんなこんなで、お安かったナイト工業を買ってちょこっと始めてみた、靴はジョギング用のが有ったし。


BlogP-156.jpg


が、2,3回で中止(笑)。結構キツイんだよね、寒くなったし。

でもね、またぞろそういった虫が動き出したのが、オムロンの歩数計(カロリスキャン)を買ってから。ウェルネスリンクでスマフォと連携できるって事で買ったんだよ。冬場は運動量が減るので、主治医の先生に「ヘモグロビンA1cが増えてる…薬増やそうか?」と言われ「え~っ…運動量増やしますから、カンベンして下さい」という流れから、運動量管理に歩数計を利用してたんだが、折角だから、ノルディック・ウォークも続けるようにしようかって話だ。

ついでに言うと、自治会の里山ウォーキングに参加(半分強制)するにあたって、このポールは役に立ちました。如何に自分に体力(持久力)が無い事を思い知らされたしね。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。